飲食

業務用スーパーの焼きとりでホットプレートディナーを楽しむ

業務用スーパーで大箱に入った冷凍焼きとりを買ってきました。

業務用スーパーではいろんな種類の焼き鳥を販売しているのですが、買ったのは「加熱済みもも串」で、なんと50本入りです。

開けると、こんな感じ。

本日はこの焼きとりを使用して、我が家で定番のホットプレートディナーです。

焼きとりをホットプレートにのせる

ホットプレートを予熱し、凍ったままの焼きとりをのせていきます。

油は引かなくても、焼きとりから油が出ます。

31本のりました。

家族4人でひとりあたり、7~8本です。

温度は適当に180度くらいに設定。

結構、油がはねます。

しばらくフタをして、肉の中まで温めていきます。

焼きとりをひっくり返す

しばらくしてからフタをとり、焼きとりをひっくり返します。

棒を手で持って「あちっ!」と言いつつ、ひっくり返していきます。

こんな感じに、良い焼き色が付いています。

反対面も焼き色を付けていきます。

あ、そうそう。この焼きとりには味が付いていないので、味を付けなくてはいけません。

左半分は塩を振りました。

右半分には焼き鳥のタレを刷毛で塗りました。

ジュウジュウと良い香りが立ち上ります。

焼きとりを仕上げる

ホットプレートは場所により熱ムラがあります。

そのことを考慮しながら、焼きとりを移動させながら焼いていきます。

タレの焼きとりには、重ねてタレを塗っていきます。

全体的に良い色が付いたら完成です!

ホットプレートにのせたまま食卓に持っていき、家族四人で取り合いながら焼きとりを食べました。

ホットプレートに乗っているので、温かさが持続します。

私は、チューブ入りの柚子胡椒を付けながら食べるのが好きです。

少しピリッと爽やかな感じと鶏肉の旨味が合います。

そこに追いかけるように口にビールを流し込むと、はぁー旨い!

白いご飯には、タレを塗った焼きとりが合いますね!

生肉を使って手作りした焼きとりの味にはまったくかないませんが、手軽にソコソコの味の焼きとりが食べられるので、業務用スーパーの焼きとりはお勧めです。