雑記帳
しろくまの雑記ブログ
住宅

はじめての家作り!なにから始める?

子供が小学校に入る前に家を建てたい、と思って行動を開始し、家を建ててから、約5年が経ちました。
細かい点で気になるところはありますが、良い場所に理想の家を建てて住むことができ、とても満足しています。
新築建売物件や中古物件を購入する方法もありますが、せっかく一生に一度の買い物ですので、自分の好みに合わせて好きな場所で好きな家を一から作りたいですよね。
そんな、これから家作りを考えている人にとって、この記事が少しでもアドバイスになれば嬉しいです。

1.最初によく間違えること

家が欲しい!よし、まずは場所(土地)を探そう!
という人が多いかな?

私も家作りを考え始めてから、まずは土地を探しだしました。
ネットには様々な物件が出ていますので、あれこれ探すのも楽しいです。
結局、不動産屋にも行くことはなく、物件を決めることはできなかったのですが、それで良かったと思います。
最初にするべきことは、土地探しではなく、どんな家に住みたいかをとことん考えることです。
土地を決めてから、住みたい家を考えても、結局その土地には理想の家を建てることができなかった、ともなりかねません。

でも、どんな家に住みたいか、と言われてもなかなかイメージできないと思います。
まずは、たくさんの家を見てみましょう。
新築住宅の見学会を開催する案内が、新聞の折込チラシに入ることがあります。
または、ハウスメーカーや工務店のモデルハウスを見に行きましょう。
見学会への参加、モデルハウスの見学を通して、だんだん自分の家のイメージが固まってきます。
また、自分の感覚に合うハウスメーカーまたは工務店に出会うことができると思います。
私のお勧めは、地元の工務店です。

2.建てたい家のイメージ作り

まず、A版のノートを1冊準備します。
ノートには、見開きページごとに、「コンセプト」、「間取り」、「ポーチ」、「玄関」、「リビング」、「キッチン」・・・などとタイトルを記載します。
見学会やモデルハウスの広告や、もらってきた資料、住宅雑誌から自分のイメージに近い写真を切り取ってノートに貼っていきます。
空いているスペースには、夫婦各々で要求事項やコメントをどんどん入れていきます。
そうすることで、だんだんと建てたい家のイメージが固まっていきます。

下の写真は実際に私が使っていたノートです。
右下のいたずら書きは、子供の仕業です。

どんどんイメージが広がっていって、とても楽しい作業です。
この段階では、コストはあまり考えなくても良いと思います。
この、家作りノートは、とても重要な存在になります
しっかりと作り込んでいってくださいね。

3.工務店(ハウスメーカー)を選ぶ

建てたい家のイメージが出来てくると、そのイメージにあった工務店(ハウスメーカー)を選ぶ段階になります。
先ほども書きましたが、お勧めは地元の工務店です。
建てた後のアフターメンテナンスがしっかりしているところを選びましょう。
家とともに工務店とは一生のお付き合いになります。

工務店に家作りイメージノートを見てもらって、間取りを一緒に考えます。
工務店からいくつか提案をいただいても良いですし、自分で考えるのもアリです。
私は自分で考える面白さにはまり、間取りの本を勉強し、間取りを書きまくりました。
下の写真がその間取りスケッチで、方眼紙にフリーハンドで書き込んでいます。
現在の家の間取りは私の自信作であり、とても愛着を持っています。

間取りを考える際、この本が非常に役立ちました。

4.土地探し


ある程度の間取りイメージができれば、その家を建てることのできる土地を探します。
最初に土地を決めてしまっては、その土地に建てられる家しかできませんので、いろいろ我慢しなければいけない点が出てくるかもしれません。
でも、先に理想の家のイメージを完成させておいてから土地を探せば、自分の理想・希望をあきらめる必要がありません。

私の場合は、工務店の社長と仲良くしている不動産屋を紹介してもらい、希望を伝えて土地を探していただきました。
候補地を絞った後は、実際に土地の見学に行ったのですが、私達夫婦、工務店の社長さん、不動産屋さんの担当者さんの4人で1日かけて見て回りました。
土地の広さ、道路との位置関係、イメージしている家が建てられるか、価格、などを解説してもらいながら、とても有意義な時間を過ごすことができました。
それぞれ場所ごとにメリット、デメリットがあり、価格はそれらのことを反映していました。
自分ひとりで見て回っても分からなかったと思います
その中から「ここしかない!」という土地に決めて、現在はそこに住んでおり、大変満足しています。

実は、「ここしかない!」と思った土地は、家作りを始める段階から土地をネットで探していたとき、候補として挙がっていた土地でした。
ただ、価格が少し高めだったので、決め手に欠けていました。
この土地探しツアーで様々な物件を見て、自分に合った土地を見つけることができました。
良い工務店・不動産屋と出会えたおかげです。

1.住宅見学会に参加したり、モデルハウスを訪問したりする。
2.住みたい家のイメージ・スペック・間取りをとことん考える
3.イメージした家を建ててくれる工務店を選ぶ
4.イメージした家が建てられる土地を決定する

簡単ではありますが、以上のような流れで進めると失敗しずらくて良いと思います。
ここからは、工務店と相談しながら各仕様を細かく決めていくことになります。