お金

米国株(ETF)への積み立て投資を開始しました

2020年3月より米国株への積み立て投資を開始しました。

48歳なので、積み立て期間はそんなに長くとれませんが、定年までの12年間は毎月積み立てたいと思います。

始めるのが遅く、もっと若いうちから積み立てておけば良かった!と後悔しているのですが、とりあえず、なによりスタートしました。

私のように遅く始めても、なんとかなる、というのをお伝えできれば良いのですが、どうなることやら。

なぜ米国株なのか

しかし、なぜ日本株ではなく、米国株にしたのか?私は日本が好きなので、日本の未来に投資したい気持ちがあります。

しかし、日本は成熟した国で、これ以上さらに成長するのは難しいと思います。少子高齢化などの問題があり、内需拡大も期待できません。

しかし、世界はこれからまだまだ成長を続けていく国が多く存在します。

そして、その時に富を享受できるのは、グローバル企業が多く集まる、資本主義の総本山ともいえる米国となるのではないでしょうか。

どの米国株を買うか?

さて、米国のどの株を買うべきか?あれこれ企業分析して分散するより、ETFを買って米国株式市場全体を買いたいと思います。そのほうが手っ取り早いです。

でもETFもいろいろ種類があります。候補をピックアップしてみました。コロナショックで株価が暴落した後なので、配当利回りが高めになっています。

まずは、米国市場全体をカバーするVTIを選択しました。信託報酬が低く、購入手数料が無料(楽天証券)なのも良いですね。VTIを資産配分50%にします。VOOと悩んだのですが、市場全体をカバーしたいと思います。

資産のうち50%で米国市場全体をカバーするので、残りの半分は、高配当を狙いたいと思います。

VTIより少しだけ高配当の大型株で構成されたVYMを25%に配分します。

残りの25%は少しリスクを取って、SPYDにします。

とりあえず、この配分でスタートし、状況を見ながら変化させようと思います。

積み立て方針

積み立てていくにあたり、ルールを決めました。ルールに従って、淡々と積み立て投資したいと思います。

1)毎月50万円を2年継続して購入する

2年かけて、1,200万円を投資します。今が、最安値とは限らないので、分散して投資します。

その後は投資額を減らして、毎月分散購入を継続する予定ですが、このまま50万円を継続して投資できるよう、収入アップを図りたいところです。

2)毎月10日に機械的に購入する

マーケットを読もうとせず、機械的に淡々と購入します。欲を出せば、損をするようにマーケットは動きます。マーケットはいつも私に対して意地悪をしてきます。

3)配当金は全額再投資する

配当金も全て再投資し、資産を積み立てていきます。

今後の目標

定年までに5,000万円を積み立てるのが目標です。

定年までは残り12年。

最初の2年で1,200万円を積み立てた後は、残り10年で3,800万円を積み立てる必要があります。配当を低めに見積もって年率2%として全額再投資すると、年間324万円を継続して積み立てられれば到達できる計算です。

総投資金額は4,467万円です。配当の効果が500万円もでるなんて凄いですね!

株価の変動は反映していません。もしかすると、上がるかもしれないし、下げるかもしれない。未来は分かりませんが、世界が成長していくのですからきっと上がるでしょう!

最初の2年で1,200万円を拠出することは、現在の貯蓄とキャッシュフローから問題ありません。

その後、年間324万円を投資に回すのは厳しいのですが、やり繰りして挑戦します。

5,000万円あれば、年間100万円以上の配当を受け取ることができます。配当だけで生活ができるレベルには達しませんが、なんとかそこを目標として頑張りたいと思います。